日々の音色とことば:

移転しました。新URLはhttp://shiba710.hateblo.jp/です。ここは更新されませんがアーカイブを置いておきます
kokuchi.jpg

スポンサーサイト

Posted on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


BOOM BOOM SATELLITES@新木場STUDIO COAST

Posted on   0 comments   0 trackback

080216_bbs


「BOOM BOOM SATELLITES JAPAN TOUR 2008」、2/16新木場STUDIO COASTにいってきました。

フジ・ロックや両国国技館などフェスやイベントの場では何度か観ていたブンブンサテライツだけれども、単独公演はかなり久しぶり。それだけに、ここ数年で彼らが成し遂げてきたことの「到達点」を見るような思いだった。

セットリストは新作『EXPOSED』中心。今回のツアーから中野はフライングVギターを使うようになっていて、この日もかなりの曲でフライングVを使っている。川島のギターもフライングV。で、楽曲の盛り上がりどころになると中野がステージ前方に駆け出してくる。川島と顔を見合わせたり背中合わせになったりして、ギターを激しく弾き倒す。こんな「ダブルフライングV」、他のバンドでは見たことない。今までに見たどんなステージより、彼らは”ロックスター”然としていた。

演出や照明もかなり凝っていた。ステージに設置されたひし形のLEDライトに映像が映し出され、それが緞帳のように上がっていきライヴがスタート。途中「FOGBOUND」では、再びステージにそれが下りてゆき、まるで檻のようにメンバーを囲む。映像には幾何学模様や激しい光の明滅、そして中野・川島の二人のアップなどがかわるがわる映る。聞いたところによると、カメラは10数台入っていたよう。

僕は2階席のバルコニーから観ていたんだけれど、客層もここ数年で随分変わってきた感じだった。”ロック”を求めてここに来ている人が随分増えた感じ。なんとなく、ステージ上手の「川島側」に多かった気もするな。逆に「中野側」はブレイクビーツ~ダンス・ミュージックとしてのアンダーグラウンドな彼らを愛してる人が集ってる感じで、上から見ると「FOGBOUND」のような昔の曲での盛り上がりが左右で違う感じで面白かった。で、やっぱり一番盛り上がっていたのは「KICK IT OUT」と「MOMENT I COUNT」。溜めて溜めて爆発する、というストップ・アンド・ゴーの感覚は、(音楽性は違うけど)エルレガーデンにも通じるものがあるなあ、と思った。

いいライヴでした。

EXPOSEDEXPOSED
(2007/11/21)
ブンブンサテライツ

商品詳細を見る

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。