日々の音色とことば:

移転しました。新URLはhttp://shiba710.hateblo.jp/です。ここは更新されませんがアーカイブを置いておきます
kokuchi.jpg

スポンサーサイト

Posted on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


三点リーダについて

Posted on


文末に。。。を使う方へ質問 (発言小町)
http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2009/0419/235576.htm?o=0&p=0

最近、文末に …… 、ではなくて 。。。 と表記している文章をよく見かけます。
なぜそのような表現を使うのでしょうか?何をねらってそう書いているのでしょうか?

私はそういう文章を見ると、昔の表現でいうぶりっこなのかしら?と感じてしまいます。

どうでもいい疑問ですが、ちょっと聞いてみたいので回答お待ちしております。



いろんな回答が集まっていて興味深い。「変換が面倒だから」とか「入力方法がわからないから」とか「三点リーダって初めて知りました」みたいな話は予想の範囲内。「英文だと...(ピリオド3つ)だから、それにつられて」という話も、キーボードの位置とかIMEの仕様がどうのこうのという話も、まあわかる。文字のバランス感がっていうのも、まあわからんでもない。でも、いろんな自分ルールで使い分けて独自のニュアンスをこめている人が結構いるのには驚いた。面白い。

……
↑より繊細な余韻

。。。
↑より大ざっぱな感覚の時に使う余韻

とか。

……
より
・・・
より
。。。
は重い感じがあります。


とか。

表現したいものは「…」と変わらないのですが、「。。。」のほうがよりガッカリ感、とほほ感を表している


とか。

「…」は汎用で、「。。」は少し強調する時ですね。
しみじみと思いを残しつつ、というようなニュアンスで使います。


とか。へえ、そうなんだ。初めて知ったなあ。

僕自身は、紙媒体での編集者として「……(三点リーダ×2)」という表記を叩き込まれた人間だったりする。なので、もし雑誌に掲載するべき原稿だったら、書き手がそこにどんなニュアンスを込めてようと文末に「。。。」となってたら問答無用で校正する。「・・・」(ナカグロ3つ)と「…」(三点リーダ)の違いもきっちり直す。理由は約物の誤用だから。雑誌じゃなくても、公文書とかの正式な書類だったらそうするよね。公文書で三点リーダは使わないか。まあ“公”の場面の文章、ってことで。

“私”の場所でのメールやチャットとか、ブログやmixiの書き込みだとどうだろう。自分が使うのは、なんかムズムズするんで無理だろうな。とはいっても、人が使っているのをみて「間違っとる!」とか「日本語の乱れ!」なんていう風に憤ったりはしない。顔文字を使ったり、ネットのジャーゴンを使ったり、文末に☆とかwをつけたりするのと一緒だろう。日本語ってフレキシブルな言語だよねえって思う。

でも、それぞれが込めているという「ニュアンス」は、少なくともいくつかのサンプルを見る限りではわりと揺らいでいるみたいだ。

勝手だよなあ。

スポンサーサイト

Posted on

久々にびっくりしたニュース。

【SMAP草なぎ逮捕】1人で全裸、「裸になって何が悪い」 (産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/090423/crm0904230940006-n1.htm

どうやらしばらく活動を自粛するようで。「迷惑をおかけしました」とのこと。確かにCMやレギュラー番組を調整しなけりゃならない代理店やメディア業界の人やスポンサーの方々は大変ですよね。

それにしても、「ショックだ」とか「残念だ」というより、ニュースの詳細が伝わるたびに深みのあるおかしみを感じてしまう。都会の真ん中、ミッドタウンの脇の公園で、深夜に、一人で、全裸。しかも奇声を上げていたという。すこし離れたところに服が畳まれていたらしい。

一人で全裸。もう一度書いてみた。なんだろう、この感じ。確かにおかしみもある。「全裸」という言葉には解放感もある。でも、不思議な寂寞感もある。集団で騒いでいて、その中で裸になったわけじゃない。一人である。泥酔していたのはストレスがあったのかな。あの「いい人」なイメージを保ち続けるのは精神的にキツいだろうなという気もする。でも、正直、僕はこの一件で草なぎ剛という人への好感度が上がった感じである。きっと同じような感じ方をする人も多いんじゃないだろうか。

「迷惑をおかけしました」といっても、誰かに危害を加えたとか、クスリなんかをやっていたわけでもなさそう。野外で服を脱いだだけの話で。誰が迷惑をこうむったかって考えると、それはSMAP・草なぎ剛というキャラクターで商売をする人達なわけだ。

僕は、いいと思うな。少し休んでまた戻ってきてほしい。「ぷっすま」で江頭2:50に思う存分つっこまれて欲しい。対決してほしい。

一方、筋が悪いなあと思うのがこちら。

鳩山総務相、地デジキャラ逮捕に「最低の人間だ」(Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090423-00000557-san-pol

「事実であれば、めちゃくちゃな怒りを感じている。なんでそんな者をイメージキャラクターに選んだのか。恥ずかしいし、最低の人間だ。絶対許さない」と明言。


ひどいことを言うなあ。
中川(酒)騒動のときにも思ったけれど、いつの間に日本ってこんなにも“失態”に厳しい国になったんだろう。

「屁尾下郎」氏のツッコミが世の中を詰まらせる(糸井重里/NB Online)
http://business.nikkeibp.co.jp/article/life/20071023/138300/

糸井 (中略)人ごみの中でおならをした人が、「誰か屁をしたな!」って、でかい声を出す。それをやられちゃうと、「ぼくはしてないですよ」、あるいは「お前じゃないか?」という発言しか、周りは言えなくなっちゃう。

 昔、NHKのドキュメンタリーで、文革のときの中国の紅衛兵のときの話を取り上げていました。これがもう笑っちゃうぐらいみんな、この「誰が屁をしたな!」の論理で動く。それぞれが「あいつは悪い」って告げ口しあうことで、自分だけが生き延びようとしたんです。

―― とにかく先に「あいつが悪い」と言ったやつのほうが生き延びる。

糸井 そうなんです、「俺は悪くない」と言うとその時点ですでに犯人扱いになっちゃう。ましてや、「え、あいつって本当に悪いのかい?」なんて言ったら、もうその人はおしまいなんです。

 そういうやりとりを横で見ている連中は、「結局、一番うまくやったのは誰だろう」って勉強をしちゃう。だからみんな、自分のリスクを避けるために「屁をしたろう」「屁をしたろう」と、みんなで指を差し合っているわけ。そこでうっかり「したよっ」て言ったら一発でお縄ですよね。

 でも、本当は今の世の中、大声で言ってみたい感じ。「俺は屁をするぞー!」って。



屁をするかわりに「東京の真ん中で全裸で叫んだ」草なぎ剛。僕は応援したい。


ART-SCHOOL「A Catholic boy & Catholic girl」@下北沢シェルター

Posted on

5月8日、千葉LOOKでのライブをもってドラムス・桜井雄一が脱退することを発表したART-SCHOOL。でも、この日下北沢で行われたライヴは、そんな“事件”では揺るがないバンドの熱さを感じさせる、すごくいいライヴだった。

詳しいライヴレポは「RO69」サイトに書きました。

RO69:最速ライヴレポート「2009.04.22 ART-SCHOOL @ 下北沢シェルター」
http://www.ro69.jp/live/detail.html?19957


チャットモンチー 「Hall In Love Tour 2009」@NHKホール

Posted on

チャットモンチー初のホールツアー、NHKホールの一日目。



実も蓋もない言い方だが、いいバンドだよなあ、と思う。セットはほとんど新作からの曲だったけれど、物足りない感じはほぼなし。

デビューから4年。徳島から東京に出てきたばっかりの頃はお客さんとの場の空気の作り方に「危なっかしいなあ」と思うこともあったけれど、なんというか、貫禄のようなものすら感じるようになった。デビューした頃からずっと、彼女達のライヴでは「○○コーナー」みたいな感じの小ネタMC(っていうのかな)があって、今回もさすがホールツアーだけあっていろんな企画が盛り込まれていた。『耳鳴り』の頃はその和やかなムードとエッジィな曲との落差が大きすぎて、正直「音楽だけバッとやったほうが格好いいのに」と思ったこともあった。でも、そのうちそんなことは感じなくなっていったな。楽曲のバラエティが増えてハッピーなものを鳴らすようになっていったせいだろうか。お客さんの(男女比ふくめた)バランスがよくなっていったせいだろうか。

途中では「Last Loveこの日はベース福岡晃子の誕生日ということで、最後にはバースデイケーキも登場。会場全体で「ハッピーバースデイ」を歌う図はお約束だけれど、「ああ、なんかいいなあ」と思ってしまったよ。


エレファントカシマシ「桜の花舞い上がる武道館」

Posted on



エレファントカシマシ、8年ぶりの武道館。

いやもう、素晴らしいライヴだった。

4月16日発売のぴあにライブレポを書いたのでステージの詳しいことはここには書かないけれど、バンドにとってもモニュメンタルな一日になったんじゃないかと思う。武道館の客席は隅までぎっしりと埋まっている。関係者も入りきらず立ち見だった。他の会場と違ってステージをぐるりと囲む客席なので、それだけで壮観。8年前の武道館は確か観ていたと思うんだけれど、そのときにはこんな熱気はなかった。なんというか、「我らがエレカシ」のような空気、ホームグラウンドのような雰囲気があった。

終了後、エレカシ好きだという『めざにゅ~』の杉崎美香キャスターにコメント取材。完全にいちファンという感じでした。


剛 紫「美我空 - ビガク ~ my beautiful sky TOUR」@なら100年会館

Posted on

奈良へ。

シングル『空 ~美しい我の空』とアルバム『美 我 空 - ビ ガ ク ~my beautiful sky』を同時リリースした剛 紫。そのリリース日であり、彼の30歳の誕生日である4月10日に「なら100年会館」で行われたコンサートに行ってきた。

最近彼にインタヴューする機会があったのだが、そのときに強く思ったのが、彼の言葉や信念の「揺るがなさ」だった。抑えたトーンで、言葉を選びながら、訥々と語る。その内容はすでに完成された彼なりの哲学を語りおろすような感じで、少しもブレを感じさせない。それがすごく印象的だった。そしてその考え方には、共感できるところも多かった。実のところ、これまで彼の音楽に向き合ったことは殆どなかったけれど、実際にライヴに足を運んでみると、先入観を覆されるようなことも多かった。インタヴューとライヴについてのレポートは、4月28日発売の『PAPYRUS』に掲載されます。

時間が少しあったので、彼がよく足を運んで空を見上げているという平城宮跡に行ってみた。予想以上に広い場所だった。もっと歴史資料館のような場所のかなと思いきや、ほとんどの場所はピクニックしている人もいるくらいの、のどかな原っぱだった。空が広くて、いいところだった。



桜がとても綺麗だった。



鹿にも会いに行きました。



葬儀にて

Posted on

幼い頃から仲良くさせてもらっていた親戚の叔父が亡くなり、通夜と葬儀に向かう。

最後に会ったのは去年のことで、その時はまだ全然元気だった。何を話したかは覚えてないけど、たぶん他愛のないことだった。大抵、喫煙所だった。珍しい銘柄の、葉巻みたいな煙草を吸う人だった。

僕は今までに何度か火葬場に行ったことはあるけれど、偶然かいつもすごく晴れていた記憶がある。特に6年前は空のくっきりとした青さがとても鮮やかで、眩暈がするような気がした。

時間が経つとそのことをふと思い出す。空を見上げると。


最近のお仕事

Posted on

最近のお仕事。

bridge31号にLEO今井インタビュー、ロッキング・オン5月号にTHE QEMISTSインタビューなど、MARQUEE73号にシリアルTVドラマインタビューや相対性理論レビューなどの原稿を書きました。

LEO今井のインタヴューでは、途中から僕がロンドン育ちの彼に
「日本のメイン・カルチャーはヤンキー文化である、いわばドンキホーテや街道沿いのパチンコ屋が象徴するものである」ということを力説するような内容になっていて、自分でもすごく興の乗った取材だった。インタヴューの現場では、「さらにそれはある種のヒップホップであり、ある種のレゲエである」とまで言ってたんだけれど、一応何のことか焦点がぶれてもあれなので、カットしました。


bridge (ブリッジ) 2009年 05月号 [雑誌]bridge (ブリッジ) 2009年 05月号 [雑誌]
(2009/03/31)
不明

商品詳細を見る



ギターウルフ@日比谷野音

Posted on

桜の花が風に舞う日比谷公園へ。



会場に着くとすでにかなりの革ジャン姿が集まっている。休日の公園ののんびりしたムードから、確実に浮いている。でもそりゃあ期待は高まるってもんだろう。セイジさんの股関節損傷治療のため約1年半近くライヴ活動を休止していたギターウルフ。その復活ライヴが今日である。さらに言うなら日比谷野音でやるのは約10年ぶりだ。

赤い絨毯のひかれたステージに3人が現れたのが開演時間を20分過ぎた頃。そこからは本当に爆音のフルスロットルだった。初っ端から「ジェット・ジェネレーション」「ミサイルミー」「フジヤマ アタック」「オールナイトでぶっとばせ!!」とライヴのハイライトになりそうな曲を連発。テンション上がる。

本編にMCタイムは一切なし。チューニングも一切なし。でもいちいちキメのポーズはある。「お前ら火星に行ったことあんのかよ!?」なんて叫んだりする。笑う。

これが他のバンドだったら、ライヴの空気の作り方にはもっと押し引きがある感じだけれど、ウルフは“押し”一辺倒。それに、冷静に音だけ聴いてたら、細かいブレイクとかで音がズレてたり、そういうポイントはたくさんある。「キックアウトザジャムス」なんていつもカオスだ。なんだろう、これがたとえばフィギュアスケートの競技みたいな減点方式で採点したもんだったらマイナスになってもおかしくない。でもロックンロールはそうじゃないんだよな。めちゃくちゃだけど、ひたすらに格好いい。理屈やロジックで説明するよりも、「これがギターウルフだから」「これがロックンロールだから」という感覚。そういうものを感じさせてくれる稀有なバンド。



9mm Parabellum Ballet@代々木公園

Posted on



朝方にパラついていた小雨は止み、代々木公園へ。

9mm Parabellum Bullet、初のフリーライヴ。平日の昼間にもかかわらず、かなりの人が集まっていた。遠巻きに見てる人もいる。まだ肌寒いけれど、雰囲気はフェスっぽい。菅原はMCで「自分たちが主宰したフェスに自分たちしか出てないみたい」と言っていたけれど、まさにそんな感じ。

久しぶりに見た9mmのライヴは、場の空気が以前とほんの少し変わっていて、それがすごく印象的だった。「楽しもう」というムードが集まっている人から発散されている感じ。もちろんそういうムードは以前からもあった。けれど、もっと密室感というか、ギラギラした熱気というか、そういう“挑みあい”のような感覚があった。でも、今日感じたのは、もっとピースフルで開放的な感覚。音楽性は全然違うけど、スカパラのライヴを見たときにいつも受け取る感覚に近い。野外でフリーライヴだったのも影響しているのかな。

前に彼らを見たのはZEPP TOKYOで、その前は日比谷野音。どちらもDVD『act 1』に収録されている。その映像を見ると改めてステージ上でどんなにとんでもないことが行われてるかが、よくわかる。「ライヴがすごい」ということは、もう9mmに関してはさんざん言われてきた。でも、「すごい」って、演奏力とか音圧のダイナミズムとか疾走感とか、そういうものだけじゃないんだよな。

セットリストは12曲、アンコールなしの代表曲を詰め込んだようなステージ。途中で披露した新曲もよかった。タイトルは「BLACK MARKET BLUES」かな。なんというか、暴れ馬を乗りこなすロデオみたいなビート感を持った曲。ロマンティシズムとか激しさよりも、「楽しい」というところにスポットが当てられたような曲だった。

彼らはまた少しずつ変わり始めているような気がする。


act I 【初回生産限定盤】 [DVD]act I 【初回生産限定盤】 [DVD]
(2009/04/01)
9mm Parabellum Bullet

商品詳細を見る


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。