日々の音色とことば:

移転しました。新URLはhttp://shiba710.hateblo.jp/です。ここは更新されませんがアーカイブを置いておきます
kokuchi.jpg

スポンサーサイト

Posted on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


DOES「MODERN AGE」ツアー@渋谷AX

Posted on


MODERN AGEMODERN AGE
(2010/12/15)
DOES

商品詳細を見る


ずいぶん久しぶりにDOESのライブに行ってきた。「MODERN AGE」ツアーの最終日、渋谷AX。今まで観た中で一番いいライブだったなあ。ちょっと感動的だった。

デビューから5年、今回がワンマンとしては最大のキャパだという。そのことを知ったときには、正直、へえって思った。もっと前にこれくらいのハコはやってておかしくないはず、って。でも、やっぱりその辺は紆余曲折あったんだろうな。何はともあれ、ソールドアウトの満員になっていたのは、よかった。

驚いたのは、バンドの編成が変わっていたこと。今回のツアーから4人編成になったらしい。サポートギターの白澤修が加わり、音は格段に分厚くなっている。なるほど。イチからアンサンブルを組み直そうとしたんだな。正しい、と思う。『The World’s Edge』までの、徹底的に削ぎ落とす時期を経て、バンドとして新しい方向にむかった『MODERN AGE』の音楽性を見せるためには、必然の変化だと思う。


披露された曲のなかでは、“天国ジャム”がダントツでよかった。こういう、ゴリゴリのストイシズムじゃなくて聴き手を軽々と持ち上げてくれるタイプの曲って、これまでのDOESには無かったなあ。これから先、ライブの定番曲になっていくと思う。“ジャック・ナイフ”もいい。曲に入る前に、まるで殺陣みたいに全員が棹物とスティックを振りかざすのが、格好いい。最もフロアが湧いてたのは、“修羅”だったな。“曇天”“三月”もいいけど、爆発力が格段に違ってた。アンコールで披露された新曲の“黒い太陽”は、あからさまに「4人編成になったからこそできた曲」。まずは挨拶がわりという感じかな。


ライブを見て、何より痛感したのは、バンドが再生したんだな、ってこと。


もともとDOESは、福岡のアンダーグラウンドシーンでやってた過去を持つバンドだ。そこで持ってたアンチ精神を摩耗させることは、バンドにとっては「意志」を失うこととイコールだろう。でも、メジャーデビュー後のDOESは、タイアップの効果もあり、ロックバンドに興味を持たない人にとっての「入り口」として機能するような立ち位置にもなっていた。その二つの断絶に彼ら自身も飲み込まれそうになっていたことが、一昨年に起こった解散の危機として表出していた。でも、その断絶を繋げて昇華させる道程を見つけたからこそ『MODERN AGE』というアルバムが作れたのだろう。そして、ライブをやることでそれに気付いたからこそ、「独歩行脚」と称してリリースに関係ないツアーをがんがんやっているのだろう。


打ち上げのときに、氏原ワタルに「これをやったら、次にやれることは沢山あるね」と言った。彼も「そうなんですよ」と力強く肯いていた。

その時にはちゃんと言わなかったけど、僕にはバンドの次の課題がハッキリと見えた気がした。それは、歌詞だと思う。DOESというバンドが持っている精神性、背骨の部分を、一言で掴み取れるような言葉を書くことだと思う。必殺の一行を持つ楽曲を作ることだと思う。きっとそれは、ふとしたときに口ずさむだけで抑圧と戦う力になるような曲になる気がする。ポケットにいれておけば何かに押しつぶされそうになった時に支えになってくれそうなタイプの曲、というか。

DOESは、そういうものを作れるバンドだと思うんだ。

スポンサーサイト

ねごと “カロン” - インタビュー - TOWER RECORDS ONLINE

Posted on


カロンカロン
(2011/03/02)
ねごと

商品詳細を見る


TOWER RECORDS ONLINEにて「ねごと “カロン” - インタビュー」の原稿執筆を担当しました。

URLはこちら。
http://tower.jp/article/interview/75646

“カロン”という曲が持っている熱量の“在り処”のようなものを探り出せたと思っています。


「CDが売れなくなった」のは何故か/ togetter

Posted on

今の時点での現状認識。togetterでのまとめを自分のブログに貼り付けるサービスがあったので、こちらにも残しておきます。


書評『キュレーションの時代』佐々木俊尚

Posted on


キュレーションの時代 「つながり」の情報革命が始まる (ちくま新書)キュレーションの時代 「つながり」の情報革命が始まる (ちくま新書)
(2011/02/09)
佐々木 俊尚

商品詳細を見る



“そもそも私たちは、情報のノイズの海に真っ向から向き合うことはできません。”(P204より)



とても興味深く、大きな刺激を受けた一冊。僕が音楽について書きながら、ここ2~3年で感じてきたこと、考えてきたこととも大きくリンクする内容だった。ミュージシャンを始め、表現に携わっている人ならば、共感する人はきっと非常に多いと思う。

本書には、ここ数年で爆発的に拡大した「情報の洪水」以降のコンテンツのありようについて書かれている。ネットの普及から15年、これまでマスメディアが独占していた情報流通の経路は大きく変化した。今は個々の人間が情報を発信し、これまでとは比べものにならないほどの量の情報が、しかも多方向的にやり取りされるようになった。その情報の海の中では、何に価値があるのか、何が自分にとって大事なものなのかを判断するコストが膨大になってくる。だからこそ、それをガイドしてくれる「キュレーター=案内人」という存在が重要になってくる。

とはいえ、決して著者のような有名人、アルファブロガーのような人だけが「キュレーター」なのではない。自分の興味や行動にタグを付けたり、それをソーシャルネットワーク上で発信したりすることで、誰しもが他の誰かにとっての「キュレーター」になりうる。ここが本書の主張のキモだと思う。

僕がこのブログを立ち上げたのは、2008年の最初のこと。その時に持っていた問題意識を、「終わりの始まりのあとに」という記事で、こう書いた。

“フラット化した場所から「聴きたい音楽」「(自分にとって)いい音楽」をどうやって探し出すか。amazonもITMSも、俯瞰でみれば広大な砂漠のようなものである。
(中略)
レーベルや音楽メディアは、そういう広大な砂漠において「水脈はここにありますよ」ということを大声で喧伝することを商売にしてきた、とも言える。水脈はやがてオアシスになり、多数の人がそこに集う。そうして、集まった人たちに水を売ることで商売は成り立つ。オアシスという言葉を「音楽シーン」と言い換えてもいい。けれど、資源だと思っていた水=コンテンツは複製が容易なおかげですでに売り物ではなくなり始めている。さあ、どうしよう? ……というあたりが、ここ数年の状況なのではないかと僕は思っている。”



あれから3年。現時点で、一人のリスナーが「聴きたい音楽」に辿り着くための最良の方法は、「自分は◯◯が好き」「◯◯っていいよね」と能動的に発信していくことになっている、と思う。メディアが大声で喧伝した情報よりも、自分が発した「◯◯っていいよね」に反射する誰かの呟きのほうが、よっぽど有用になっている。

とはいえ、僕は「音楽メディアが役割を終えた」とは1mmも思っていない。マスの情報発信ではなく、きちんと現場の熱気を共振させるツールになる自覚のある音楽メディアは、一人一人の聴き手にとっても、読み応えのある、面白いものになっていると思う。「キュレーター」という言葉を聞いたときに真っ先に思い浮かべた「All Tomorrows Parties」を筆頭に、フェスや数々のイベントの現場もメディアとして機能し、音楽というコンテンツにコンテキストを与える場所になっている。

それもあって、音楽と聴き手のつながり方は、もはや“ジャンル”とか“◯◯系”というような枠組みで区切れるようなものじゃなくなってきている。これは何度も書いてきた「YouTube以降」の価値観。邦楽だって洋楽だって、ボカロだってワールドミュージックだって、70年代だって10年代だって、全部フラット。もちろん閉じた島宇宙と差異化ゲームはまだそこら中であるけれど、リスナーの一人一人は音を聴いた感覚で良し悪しを判断するようになっていると思う。で、僕が音楽について原稿を書くときには、そういう聴いた時の感覚、「◯◯って、なんか、いいなあ」と感じたときの「なんか」を言語化することを目がけている。


そして、この『キュレーションの時代』という書籍に書かれていることは、ここ最近僕が考えていた“「最近日本から寛容さが失われている」のは何故か ”ということ、ともリンクしている。不寛容ばかりが目に付く状況、その閉塞感を乗り越えるヒントの一つにもなっているような気がする。これについては自分のツイートの引用から。

先日まとめた「寛容と不寛容の問題」(http://togetter.com/li/98366)を乗り越える一つのキーになるのではないかと思いながら『キュレーションの時代』(http://amzn.to/h82aPe)を読んでいる。less than a minute ago via web



「信頼できる人」というフィルタリング機能をうまく使うことができれば、ポジティヴなフィードバックの情報流量と共鳴を多くして、目につきやすい悪意や中傷などのネガティヴな発言を埋もれさせることができるのではないか、と。less than a minute ago via web



情報のノイズのおかげで凹んだり疲れてしまうような時は、耳をふさぐのではなく、むしろ「信頼できる人」をフィルタにしてポジティヴな情報の流量を増やすことでS/N比を上げるのもいいかもしれない、と思うようになった。less than a minute ago via web





というような、いろいろな意味で、自分にとってはすごく力になったと思える一冊。あと、最後にもう一つ。

「誠実であること」が、これからの“生きやすさ”のキーになっていくんじゃないか、と思っている。思ってもいないことを書き散らしたり、裏で舌を出すようなことは、先々において自分を苦しめるのではないか、と思っている。



以前僕はこう書いた。それは自分にとって指針の一つになり続けている。だから、本書の中にこういう一節を読んだときは、なんだか勇気づけられる気がして、少し嬉しかった。

ネットで活動するということは、つねに自分の行動が過去の行動履歴も含めてすべて透明化され、検索エンジンにキーワードを一発放り込むだけでだれにでも簡単に読まれてしまう。そういう自分をとりまくコンテキストがつねに自分についてまわってしまう世界なのです。
これはテレビのコメンテーターのような無節操な人たちには恐ろしい世界に映るでしょう。でも逆に考えれば、きちんと真っ当なことを言って世界観を一貫させて語っていれば、つねに自分の信頼をバックグラウンドで保持できる安定感のある世界であるということも言える。くだらないパッケージをかぶせたりしなくても、ちゃんと語っていればちゃんと信頼される世界なんです。(P207より)




『美しい隣人』

Posted on


美しい隣人 (集英社文庫 は 37-1)美しい隣人 (集英社文庫 は 37-1)
(2011/02/18)
花井 良智

商品詳細を見る


絵理子の家の隣に美しい女性が引っ越してきた。魅力的な彼女に周囲の誰もが好感を抱くが、彼女によって絵理子の幸福な日常は徐々に壊され……!? 仲間由紀恵、檀れい競演の連続ドラマを小説化!



「花井良智」の名義で執筆を担当した、フジテレビ系放映中のドラマ『美しい隣人』のノベライズ小説が刊行されます。

こちらの公式サイトで紹介されている「第6話」(発売日時点で放映されているところ)までは基本的にドラマのストーリーに沿った内容、その後はオリジナルのエピソードからなる「もう一つの美しい隣人」という内容になっています。

ドラマ本編とは違うエンディングになっているので、これまで観てきた人も、観ていなかった人も、是非手にとってほしいと思っています。



ROCKS vol.7「大河の華 大河の夢」

Posted on

2月15日発売の『ROCKS vol.7』にて記事を担当しました。



ROCKS vol.7

特集「大河の華 大河の夢」では、小説家・童門冬二さんの取材・構成。連載ページではファッション・デザイナーのeriさんと丸山敬太さんの対談を、担当しています。

「ROCKS」という雑誌はある種の“熱量“を持った人達がカルチャーの島宇宙を超えて繋がるハブのような役割を果たしつつあると感じているので、そこに末席ながら関われているのは嬉しい限りです。



MUSICA3月号

Posted on

2月15日発売の『MUSICA』3月号にて原稿を担当しました。


MUSICA (ムジカ) 2011年 03月号 [雑誌]MUSICA (ムジカ) 2011年 03月号 [雑誌]
(2011/02/15)
不明

商品詳細を見る


桑田佳祐『MUSICMAN』、POLYSICS『Oh! No! It’s Heavy Polysick!!!』、ねごと『カロン』、BOOM BOOM SATELLITES『EXPERIENCED』、アソビ・セクス『フローレサンス』、WEAVER『『あ』『い』をあつめて』のレビューを執筆しています。


土屋仁応「私的な神話」

Posted on

彫刻家・土屋仁応さんの個展「私的な神話」の最終日に行ってきた。

個展「私的な神話」
2011年1月18日~2月12日
メグミオギタギャラリー




場所は銀座の「メグミオギタギャラリー」。アート分野にそれほど詳しいわけでないので、彼のことは、以前から知っていたわけじゃない。tumblrnのダッシュボードに流れてきた下の写真を見たのがきっかけだ。見た瞬間、思わず手をとめた。





パッと見た第一印象は、「可愛い動物」。でもどこか引き込まれるものがある。単なるキュートさじゃなくて、ピンと張り詰めた気配のようなものを感じさせる。ピュアな無垢さというか、穢しちゃいけないような凛とした“聖性”のようなものを感じさせる。

それからWebを調べて、「私的な神話」という展示のタイトルを知った。その通り、神話をテーマにしているという。

“「神話」とは、集団の起源や文化の創造の過程を、神聖なエピソードでいろどった物語です。歴史的事実とは別に神話が語り継がれるのは、集団が誇りや絆をもつために必要だからなのだと思います。このことは民族や国のような大きな集団だけでなく、個々人やプライベートな人間関係のなかでも同じように作用するのではないかと思うのです。”



そういうものを意図して表現しているということを知って、俄然興味の熱度が増した。



で、実際に観て確信した。この人は、彫刻の作品に、まさに僕が感じた“聖性”や“霊性”のようなものを宿らせようとしている。だからこそ生命力のある表現になっている。


ちなみに、そこには高木正勝が『タイ・レイ・タイ・リオ』のプロジェクトで追求してきたことと通じ合うものも感じた。

以前にも書いたけれど、高木正勝のインタビューの引用を再掲。

「今は神様をテーマにして映像を作っています。とは言っても、必ずしも映像に神様が出てくる必要はない。仏像の前に立ったときのように、それを観て背筋が伸びるような、見透かされているような気分になりさえすればいい。仏像の代わりになるような映像を作りたいんです。それを、あれこれ学びながらやっています」

「まだ制作の途中ですけれども、作ってるうちに、神話や仏像や、絵の禍々しさや、そういうものの接点が見えてくる。繋がりがわかってくる。今は『そこから先に何があるのかを見たい』という気持ちで作っているところです」

(2008年2月28日発売、『papyrus』vol.17掲載インタヴューより)




ギャラリーの一角に置いてあった美術雑誌での彼のインタビューを読むと「表現はエゴイズムではなく、何かスケールの大きなものに捧げるようなつもりでやっている」という旨の発言もあった。


彼が丁寧に掘り出した動物や幻獣の端正な木像は、確かに「それを見て背筋が伸びるような、見透かされているような気分」になるものだった。ギャラリーの白い無機質な壁に囲まれた空間に置かれていることで、しんと染み渡る静謐さが漂っていた。


こちらにも充実した紹介記事があった。写真も素敵。
review:土屋仁応「私的な神話」《1/18、1/22》



「version21.1 third」@ZEPP TOKYO

Posted on



サカナクション、the telephones、OGRE YOU ASSHOLEの3バンドによるイベント「version21.1 third」に行ってきました。スペシャルゲストはandymori。出演順はサカナクション、andymori、OGRE YOU ASSHOLE、the telephonesの順。まずは簡単にそれぞれのレビューを。


サカナクション


トップバッターのサカナクションは濃縮セットリスト。「全部出します」と呟いていた山口の言葉の通りの内容。“ame(b)”から“アルクアラウンド”、“セントレイ”とアタックの強い曲をがんがん放り込んでくる序盤に、“ホーリーダンス”“マレーシア32”で踊らせる中盤。レーザーの演出ををここだけ使うというのも、さすがライブ巧者という感じ。ほんと、無駄がないなあ!という。

新曲の“ルーキー”も初めて聴いた。いい曲。いきなりお客さんを掴んでいる。アンセムとしての威力が強い。野性味と切迫感を併せ持つような曲。そこから“アイデンティティ”で終演。45分で出し切った感じだった。


andymori



新ドラマー加入してからは初めて見るけど、予想以上にフィットしてる。上半身裸の肉体派。あと、これだけ大きなハコで観るのも実は初めてだけど、まったくもって堂々してる。1曲目の“投げKISSをあげるよ”は出だしでちょっとつまづいたせいかイマイチだったけど、続く“FOLLOW ME”から一気に掴む。“CITY LIGHTS”から“SAWADEECLAP YOUR HANDS”で頂点に達していた。

andymoriは、なんといっても歌詞がいい。そのことを改めて感じる。小山田壮平って、この世代の日本のロックミュージシャンの中では群を抜いたリリシストだと思う。ラストは“WEAPONS OF MASS DESTRUCTION”、“革命”という2曲。自意識の拘泥じゃなくて、シニシズムでもなくて、もちろん単なる共感を誘うための装置じゃなくて、ユーモラスに、でも鋭く、伝わることを諦めずに歌う言葉。グッとくる。

OGRE YOU ASSHOLE



これは鳥肌がたった。キラキラと降り注ぐような轟音のイントロから、“ひとり乗り”で逆光に照らされながらのサイケデリックなアンサンブル。ライブを観るのは一年ぶりくらいだけど、確実に化けた。覚醒した。
やっぱりアメリカツアーがきっかけになったのだろうか? 2010年代のUSインディ勢とがっぷり四つに組んできた自信がついたのか。風格が前と全然違う。ゆらゆら帝国が解散して以降空白になっていた日本のサイケデリックロックの中心点を背負う風格とも言うべきか。

曲としてはやはり“バランス”が抜けているかな。あれだけへんてこでアンチポップな成り立ちの曲が、不思議な力でフロアに笑顔を振りまいている感じ。

the telephones



貫禄のトリ。お客さんの盛り上がりは4バンド中一番で、ロックで踊るというイベントのコンセプトを考えても当然とはいえさすが。そしてセットも「踊らせる」ことに徹した、バンドのピークポイントを切り取るような内容。アンコールを含めて全9曲中4曲のタイトルに「DISCO」がついているという(笑)。完全燃焼という感じだった。


いいイベントだった。
andymoriのMCでも3人が「僕、音楽が好きです」と言い合う場面があったけれど、そういう空気がフロアにも充満していた。


MARQUEE vol.83

Posted on


MARQUEE Vol.83 マーキー83号MARQUEE Vol.83 マーキー83号
(2011/02)
不明

商品詳細を見る


2月10日発売の『MARQUEE vol.83』にて以下の記事を担当しました。

DOPING PANDA インタビュー
sleepy.ab インタビュー
撃鉄 インタビュー
the suzan インタビュー
小林太郎 ライブレポート

特にドーピング・パンダの記事は、アルバム制作の佳境の時期にどういう問題意識を持って制作に臨んでいるのかを聞いた、アルバム『YELLOW FUNK』の最速インタビュー。濃いテキストになっていると思います。


寛容さについて

Posted on



Togetter - 「「最近日本から寛容さが失われている」のは何故か」

特に日常的にネットに触れている人で「最近日本から寛容さが失われている」と感じている人は多いと思うんだけれど、実際のところはどうなのだろうか。

寛容と無関心は違うことなのに、外から見たら一緒になってしまうのかな。

http://togetter.com/li/98366


twitterのまとめサービス「Togetter」を使って「「最近日本から寛容さが失われている」のは何故か」というテーマのまとめを作ってみた。思った以上に反響を集めている。

僕自身の意見は、そこのまとめ内に書いたとおり。


世の中全般が不寛容になってきていると、ここ数年で、本当にいろんな人が感じている。僕もそれを強く思う。そのことがまわりまわって社会の閉塞感に繋がっていることに、どれだけの人が気付いているだろうか?less than a minute ago via web


なぜ寛容さが失われたのかを考えると、答えは簡単。寛容さとは「他人の言動や行動を受け入れること」だから、その言動は多くの場合「スルーする」ということになり、周囲からのアテンションは発生しない。つまり、特にネット社会において、寛容さは「見えない」。less than a minute ago via web


それに対して、不寛容とは「他人の罪や欠点などを責めたてること」だから、その言動は嫌でも目立つ。人の興味をひく。「炎上マーケティング」という言葉があるくらい、「人が悪意を浴びせられている様」にはアテンションが発生する。less than a minute ago via web


あと、「◯◯は◯◯であるべきだ」という正論をもとに他人の罪や欠点を責めたてるのって、(無意識下では)きっと気持ちいいことなんだと思う。眉をひそめて「ご意見番」的な顔をしながら思考停止して脊髄反射的な快楽を貪っている人は、マスメディアにもネット上にも沢山いるless than a minute ago via web


もちろん僕もそういう気持ちになる時はあるけれど、そういう時はライムスターの「けしからん」を聴くようにしています。『Heat Island』収録。名曲。http://amzn.to/fFKfos <これが言いたかった。less than a minute ago via web


寛容さが「失われている」というより、「見えなくなっている」「埋もれている」ほうが実感に近いんじゃないか、と思うのです。RT @IZUMI162i6 そもそも本当に失われているのかどうか…。 http://togetter.com/li/98366less than a minute ago via web


まず「昔の日本のほうがよっぽど寛容じゃなかった」という意見については、これはこれでその通りだと思う。個人の生き方のレベルで「昭和の頃は後ろ指さされただろうけれど、今なら気にされない」例は沢山ある。いろいろなことが自由になった。less than a minute ago via web


で、「今の日本が昔に比べて、マナーやモラルへの意識が高くなった」ということも言っていいんじゃないかと思う。たとえば昔は煙草のポイ捨ても多かったし、飲酒運転なんかに関する意識もここ10年でずいぶん変わった。less than a minute ago via web


僕自身は「昔の日本は寛容でよかった、今は不寛容で息苦しい」ということを言いたいわけではなくて。less than a minute ago via web


ネットの登場以降、「話題を集めているもの以外は“見えない“→“存在しない“」という状況が加速しているのではないだろうか。そのせいで他者に対しての不寛容な意見(=「◯◯なんてけしからん!」)がより目立っているのではないか、ということを思っている。less than a minute ago via web





いやほんと、ライムスターの「けしからん」は名曲。「けしからん!×4 タマらんこりゃ!」 というリリックって、すごく批評的だと思うのです。ベスト盤収録のスクービードゥーとのセッションも格好いい。




メイド イン ジャパン~THE BEST OF RHYMESTER~メイド イン ジャパン~THE BEST OF RHYMESTER~
(2007/01/31)
RHYMESTER、BOY-KEN 他

商品詳細を見る



音楽と人 3月号

Posted on


音楽と人 2011年 03月号 [雑誌]音楽と人 2011年 03月号 [雑誌]
(2011/02/05)
不明

商品詳細を見る


『音楽と人』 2011年3月号にて原稿を書きました。

RADWIMPSのシングル「狭心症」のレビューと、アルバム予測。あそこに書いた通りで、すごいアルバムが届く予感がひしひしとしています。


『DIME』 2011年 Vol.4

Posted on



小学館『DIME』 3月号に原稿を書きました。

「日本語ロックバンドが最近また熱い! でもなぜ?」と題して、RADWIMPS、サカナクション、神聖かまってちゃん、世界の終わり、毛皮のマリーズ、andymori、The Mirraz、amazarashi、andropを取り上げた内容になっています。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。