日々の音色とことば:

移転しました。新URLはhttp://shiba710.hateblo.jp/です。ここは更新されませんがアーカイブを置いておきます
kokuchi.jpg

スポンサーサイト

Posted on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『日経ビジネスアソシエ』にて武藤真祐氏のインタヴューを担当しました

Posted on


日経ビジネス Associe (アソシエ) 2011年 7/5号 [雑誌]日経ビジネス Associe (アソシエ) 2011年 7/5号 [雑誌]
(2011/06/21)


商品詳細を見る


『日経ビジネスアソシエ』の6月21日発売号にて取材・執筆を担当しました。



担当したのは「医師・高齢先進国モデル構想会議理事長」武藤真祐氏(39歳)のロングインタビュー。東京大学医学部を卒業し、エリート医師としての道を一直線に進みながらも、大学教授としての未来を捨ててマッキンゼー・アンド・カンパニーに転身。コンサルタントとしての経験を積みながらMBAを取得。その後、独立して「祐ホームクリニック」を立ち上げて高齢者の在宅医療に取り組んでいるという、異色のキャリアの持ち主。


その原動力になったのは何だったのか、自分を完全に否定されたという強烈な挫折体験と、そこから這い上がったときに支えになったもの、そして現在の自分が目指すものを語ってもらった。

それまでの自分は、組織に属することで、自分のアイデンティティーを保っていたんですね。組織の論理にしたがって頑張れば、誰からも評価され、尊敬されると思っていました。そうして全力で一直線に進んできたのです。そういう自分の人生や人格が完全に否定されてしまったようで、寄って立つところがなくなってしまったんです。


いくつかの挫折体験は、私の胸に「自分の座標軸を持たなくてはダメだ」ということを叩き込みました。自分の価値観を他所に任せるのではなくて、努力し続けることによって、本当の自信を積み重ねていこう。そしてぶれることのない自分のアイデンティティーを確立しようと強く思いました。


(インタヴュー掲載の発言より引用)

普段はミュージシャンなどカルチャー分野の取材をすることが多い自分にとって、これまでインタヴューした相手の中でもトップレベルの学歴とキャリアの持ち主である武藤氏。でも、なんらかのビジョンと意志を持ち、それを実現させるための方法論を模索しながら少しずつ形にしているという意味で、普段とまったく変わらないモードで取材に臨むことができたと思う。医療のソーシャルビジネス化に取り組んでいるというその話は、聞いていて、すごくワクワクさせられるものがあった。

端的に言って、ここ最近取材でお会いした中でもっとも“熱い”人だった。

スポンサーサイト

『サイゾー』7月号にて掟ポルシェ×ヒダカトオル対談を担当しました

Posted on


サイゾー 2011年 07月号 [雑誌]サイゾー 2011年 07月号 [雑誌]
(2011/06/18)


商品詳細を見る


『サイゾー』7月号にて記事を担当しました。担当したのは「特別対談:掟ポルシェ×ヒダカトオル ドキュメンタリー映画『kocorono』に見る音楽業界の実態」という対談記事の取材・構成。

結成23年目を迎え、国内外のミュージシャンや音楽ファンに愛され続ける「日本ロック界の至宝」ブラッドサースティ・ブッチャーズに密着したドキュメンタリー映画『Kocorono』。今年2月に公開された映画では、事務所の経済的な困窮やメンバー同士の衝突も含め、バンドマンの赤裸々な生活が描かれている。その裏側を二人に語ってもらおうという企画。

ブッチャーズの吉村さんとは高校時代からの付き合いだという掟ポルシェさんと、映画にも登場しているヒダカさんという、今までありそうでなかった濃い組み合わせの対談。ブッチャーズについてだけでなく、「バンドが生き残るためにはどこに活路を見出すべきか」「音楽以外の仕事をすることについて」など、ミュージシャンの直面している現実についてもガッツリ語ってもらった。

なかなか大変な企画だったけれど、担当できてよかったです。


kocorono [DVD]kocorono [DVD]
(2011/06/15)
bloodthirsty butchers、吉村秀樹 他

商品詳細を見る


MUSICA 7月号

Posted on


MUSICA (ムジカ) 2011年 07月号 [雑誌]MUSICA (ムジカ) 2011年 07月号 [雑誌]
(2011/06/16)
不明

商品詳細を見る


『MUSICA』7月号に原稿を書きました。

The Birthday、Superfly、a flood of circle、BIGMAMA、Digitalism、LAST ALLIANCE、serial TV dramaのレビューを担当しています。


「SHARE FUKUSHIMA」について(2)

Posted on








Video streaming by Ustream

「SHARE FUKUSHIMA」のライヴを、家に帰ってからUSTREAMのアーカイブで再び観た。非常にハイクオリティな映像と音。新しいシステムを試したんだということを、どこかで耳に挟んだ。

でも、やっぱり、あの場でしか感じられなかった感覚が沢山あった。ステージと客席の間を、何度も車が通り過ぎた。風船を持った子供たちが、店の周りを走り回っていた。海から風が吹いて、ときおりかすかな腐臭が漂った。瓦礫の風景には既視感があったけれど、あの匂いは、あの場所でしか感じ取れないものだった。

黙祷を挟んで披露された、七尾旅人と渋谷慶一郎の即興演奏(動画25分頃~)は、今聴いても胸が一杯になる。〈ここで暮らそう〉〈空 海 土 木々 花 子供たち〉〈好きなものだらけ〉。渋谷慶一郎の情熱的なピアノ。お互いの表現が呼応する。〈何もないけど全部あるよ〉〈どこでもいける。だけど私の街〉。〈海〉。激しいノイズ。

黙祷。

空白の後、再び音楽が鳴り響く。〈棄民の歌 捨てられしものたちの歌〉と、七尾旅人がささやく。緊迫感あふれるピアノ。〈7000km、6000km……、100km、90km……30km圏内、20km圏内……〉。ゼロへのカウントダウンが始まる。

〈降り注ぐ涙〉〈いつかまた種をうえたい〉〈やがて芽吹くときまで、種を〉。そして〈1km、2km……、20km圏内、30km圏内……1万km、2万km……地球全域〉。〈つぼみ、広がり〉という歌が繰り返される。

七尾旅人と渋谷慶一郎の即興演奏は、「悲しいことを楽しいことで上書きしたい」というセブンイレブンいわき豊間店金成オーナーの思い、願いを、真正面から音楽として抽出して形にしたような表現だったと思う。

即興演奏は、通常、相手の音に反応し合う音楽的会話の元に行われる。それがジャムやインプロヴィゼーションとして形になる。しかし七尾旅人と渋谷慶一郎による即興は、それだけにとどまらず、起こってしまった現実を反射し、その場所にあるものと相互作用するような表現になっていた。

二人が前日に作ったという名前のない新曲も、本当に素晴らしかった(動画では2時間10分過ぎから)とても情緒的なピアノの音が鳴っていた。二人の音楽にあるピュアネスの部分が重なりあうような音楽だった。

そして、とても印象的だったのは、七尾旅人が「これはすごく大事な歌だから」と歌った“圏内の歌”。(動画では1時間50分過ぎから)。彼はこの曲を歌う前に、こう言った。「僕はここにいることに対して、葛藤もあります。遊びにきたわけじゃないので」。

離れられない愛する町  生きてゆくことを決めたこの町

子供たちだけでも どこか遠くへ 逃がしたい


一日経った今も、僕の頭の中で、この曲がずっと鳴り続けている。

何が正しいのか、何をするべきなのか、何が求められているのか、そんなことを考え始めると何の答えも出ない。でも、彼がこの歌をあの場所で歌った強い思いは、是非、多くの人に届いてほしいと思う。


「SHARE FUKUSHIMA」について(1)

Posted on

6月11日、「セブンイレブンいわき豊間店」で行われたイベント「SHARE FUKUSHIMA」に行ってきた。あの場でしか感じられなかった感覚が沢山あった。行ってよかった、と思っている。




午前6時30分集合のバスツアー。午前中にはボランティア作業。とは言っても、1~2時間ほどのゴミ拾い。周囲には瓦礫となった解体待ちの家が並ぶ。何がゴミで何がゴミじゃないのか、わからない。食器の欠片を拾う。街を歩くなかで「わからない」という感情は次第に膨れ上がる。果たして今自分がやっていることが、何かの役に立っているのか。どうするのが正しいのか。言葉に詰まる。

半壊した家屋の壁にスプレーで殴り書きされた「がんばっぺ」という言葉が目に入った。思わず、渋谷の電灯の一つ一つに吊るされた旗の、タクシーのリアウィンドウに貼られたステッカーの「がんばろう日本」という言葉を思い出した。その彼此には圧倒的な違いがあった。その言葉を引き受ける生身の身体がそこにあるかどうか。言葉の主体性について、考えざるを得ない体験だった。

壁時計が落ちていた。15時少し前を指していた。触れることはできなかった。




昼飯を食べたあと、写真を撮りたいと思って周囲を歩いた。セブンイレブン豊間店の向かいに、小さな神社があった。鳥居は倒れ、狛犬は向きを変えていた。でも本殿はほぼ損傷を受けることなく、木々の中に静かに佇んでいた。僕は吸い寄せられるように、そこに歩みを進めた。



壊れた家や車を見た時は予想していたよりも感情は動かなかった。でも、ふと訪れたあの神社の静けさの中で、ひとり、何故か泣きそうになった。静かに手をあわせた。

もちろんあのセブンイレブンの向かいに神社があったのは偶然だろう。でも僕は、今から行われようとしていることが「祭祀」なんだということを、すとんと心に落ちてくるように感じた。海とこの街と、ここで暮らしてきた人々を長く見守ってきたものに、音楽が奉じられようとしてるんだな、と僕は思った。主催者や演奏者も含めて、きっとそんな風に考えていた人は他にいなかっただろうと思う。でも、手をあわせながら、そういう気持ちが自然に湧き上がってきた。

14時30分。ライブは始まろうとしていた。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。