日々の音色とことば:

移転しました。新URLはhttp://shiba710.hateblo.jp/です。ここは更新されませんがアーカイブを置いておきます
kokuchi.jpg

スポンサーサイト

Posted on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


POLYSICSとソーシャル・キャピタルと“繋がりの社会性”

Posted on


15th P(初回生産限定盤)(DVD付)15th P(初回生産限定盤)(DVD付)
(2012/02/29)
POLYSICS

商品詳細を見る


POLYSICSのニューアルバム『15th P』に収録されている“友達ケチャ featuring 友達”が面白い。

最初に聴いた時は「なんてバカバカしい!」と吹いたけれど、実はこれ、ネタにして終わるには勿体ない興味深さを持っているのではないだろうか。つまり、この曲は彼らが持っている“ソーシャル・キャピタル=社会関係資本”への考え方をすごくパンキッシュな発想のもと音源化したものだと思うのだ。

「友達ケチャ featuring 友達」は、2011年に行われたフェスのバックヤードで、ハヤシがハンドレコーダーを片手に知人友人に「チャッ」と言ってもらった音源を元に作った楽曲だという。


http://natalie.mu/music/news/62955


奥田民生など総勢67名が参加したというこの曲(詳しい参加メンツは上の記事を参照)。聴いてみると、ひたすら「チャッ!」という声が重ねられているだけ。そこに似非オリエンタルな歌声を入れてバリの民族音楽のケチャ風にまとめた1分35秒。POLYSICSの本来の音楽性からは勿論かけ離れている曲だし、そもそも『15th P』はバンドの結成15周年を記念したコラボ曲を集めたアルバムだし、たぶんこの曲もその一貫の「話題作りのネタ」として受け取られる類の楽曲なのだとは思う。

でも、僕はこういう“企画性”にこそ、バンドの本質が表れるものだと思っている。

まず面白いのは、結局曲を聴いても「誰が参加してるか」なんてビタイチわからないこと。普通、「総勢○○名が参加した楽曲」というのは、その多くが“ウィー・アー・ザ・ワールド”的な発想を持ったものになる。東日本大震災へのチャリティソングとして発表されたJAPAN UNITED with MUSICによるビートルズのカヴァー曲“All You Need Is Love”が、まさにそうだ。個性的な声を持ったシンガーたちが、曲の一節を代わる代わる歌う。そこに、こってりしたギターなど各種ソロが挟まれる。つまり、それぞれの参加アーティストが「3秒で自己主張」して、それをパッチワークのように組み合わせる曲作りとなる。で、それとは真逆の方法から作られているのが、この曲。そもそも「チャッ!」と言ってるだけだから自己主張のしようもないのだけど、もはや誰の声かも判然としない。名のあるミュージシャンが沢山参加しているわけだから、ボブ・ゲルドフ的な発想で考えたら「ソーシャル・キャピタルの無駄遣い」である。でも、このほうが全然「POLYSICSらしい」。


それはつまり、この曲が象徴するのがPOLYSICSならではの“繋がり”の設計だということだと、僕は思っている。このフィーチャリングについて、「彼らの交友関係の広さこそがこの曲を実現させたのだ」てな感じで語るレビューも多い。勿論それは間違いじゃないのだが、大事なポイントはそこじゃない。たぶん15年バンドをやってれば、それくらいの数の友人や知人がいるミュージシャンは、他にもいるはずだ。フェスのバックヤードでの交流もあると思う。でも、本当に大きいのは「『チャッ』と言ってもらう」というある種他愛のない馬鹿馬鹿しい思いつきを、実際にやるかどうか。それを実行に移せるかどうか、だ。

で、こういうコロンブスの卵的なアイディアは、突然降ってくるようなものじゃない。大抵、そこに至る道筋がある。で、それを象徴するのが前作アルバム『Oh! No! It's Heavy Polysick!!!』のジャケットだと僕は思っている。



Oh!No!It’s Heavy Polysick!!!Oh!No!It’s Heavy Polysick!!!
(2011/03/09)
POLYSICS

商品詳細を見る


このジャケットでは、スタッフなどメンバー以外の様々な人がPOLYSICSのコスチュームを着て登場している。で、リスナーも応募して当選すればコスチュームを着て撮影会に参加し、自分が写った世界で一枚だけのオリジナルジャケットがプレゼントされるという企画も行われた。
(「POLYSICS | 私もHeavy Polysick!!!」)
http://www.sonymusic.co.jp/Music/Info/POLYSICS/special/0309/


つまり、“友達ケチャ featuring 友達”に現れているPOLYSICSというバンドの「らしさ」は、バンドへの“参加可能性”だと思うのだ。簡単にいえば「誰でもPOLYSICSになれる」ということ。そのハードルはかなり低く設定されている。参加回路が開かれている。だからこそ、ファンだったらつなぎとサンバイザーを身につけるだけでいいし、アーティストは「チャッ」と言うだけでいい。意味ではなくコミュニケーションへの接続自体を目的としているという意味では、社会学者の北田暁大の言葉を借りて「繋がりの社会性」への志向を持つ数少ないロックバンドだ、と言ってもいい。

考えてみれば、フェスの会場を歩いていてもPOLYSICSのコアファンは、大抵オレンジ色のつなぎを着ているからすぐにそれとわかる。僕は夏フェスでお客さんに声をかけて写真を撮るような仕事をしてたこともあるから、そういう人たちの「ノリの良さ」は肌で知っている。これもきっと、POLYSICSというバンドが15年かけて築きあげてきた財産だと思うのだ。

スポンサーサイト

「DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on 少女たちは傷つきながら、夢を見る」について

Posted on

「DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on 少女たちは傷つきながら、夢を見る」について、



ライムスター宇多丸さんの「ザ・シネマハスラー」
http://www.tbsradio.jp/utamaru/2012/02/218_documentary_of_akb48.html
で熱く語られているのを聴いて、「観ておかないとな」と思って、TOHOシネマズ渋谷で観てきた。公演終了のギリギリのタイミング。


端的な感想を言うと、とても面白かった。AKB48のコアなファンでなくとも、画面を通してにじみ出てる“リアル”を感じ取れるドキュメンタリー映画だ、というのが第一印象。宇多丸さんの言葉を借りるなら、間違いなく「今一番売れている人が、一番攻めてる」ことを如実に示している。アイドルを支えている構造が必然的に持っている残酷な側面、今までどんなアイドルもオフィシャルには見せなかった裏側を、さらけ出してしまっている。

2011年のAKB48の活動を追った作品の柱は、主に四つ。「震災以降、東北を何度も支援に訪れるメンバーと、仙台で被災した研究生」「第3回総選挙」「西武ドーム公演の1日目、2日目」「チーム4の発足と謹慎問題」。被災地の風景も盛り込みながら進んでいく全体のストーリーの軸は「3・11」に沿っているのだけれど、ハイライトはやはり「西武ドーム公演」。ここでメンバーに容赦なく課せられる「負荷」にある。

はっきり言って、文句なしに壮絶。戦場と言っても過言じゃない。1日目は舞台裏の動線や指示が混乱している様が映し出される。終演後に秋元康がメガホンを手に「今までで最悪の公演でした」と言い放つ。ここも宇多丸さんの言葉を借りるけれど、ここで物語上、舞台監督などスタッフ側の不手際は不問にされている。そのダメさは「メンバーが乗り越えるべき試練」として描かれ、深夜の暗がりの中チームAのメンバーがダンスを練習したりする。

そして2日目。全員が気合を入れて望むのだが、こんどは当日のリハーサル段階から前田敦子があまりの重圧のために過呼吸で倒れる。直前で何とか回復するも、いつ再び倒れてもおかしくない限界状況の中、開演。中盤、先の総選挙でセンターを獲得した“フライングゲット”を歌うためにギリギリの体調でステージに現れたものの、明らかに呼吸がおかしい。それを隣の高橋みなみが(客席にはあくまで笑顔を見せつつ)深呼吸するようそっとサポートする。

前田敦子だけでなく、ステージが進むに連れて他のメンバーたちもどんどん倒れていく。熱中症で動けなくなり、過呼吸で胸を抑え、氷嚢と酸素吸入器で意識をつなぐ。アンコール前には大島優子も、そして全員を支えてきた高橋みなみもくずおれてしまう。

そんな中、「アンコール!」という大観衆の声援が、彼女たちを駆り立てる。


そういう、肉体的な負荷の極限としての西武ドーム公演を、メンバーに容赦なく降り注ぐ精神的な負荷としての「総選挙」と「謹慎問題」が挟む。そういうギリギリのところで「頑張っている」アイドルが、被災地の子供たちを励ますという構成。


これを観てどう感じるかは、それぞれの自由だと思う。感動する人もいるはずだと思うし、ちょっと受け入れられないと思う人だって当然いると思う。僕が強く思ったのは、以下のこと。

AKB48を自殺対策強化月間の啓発キャンペーンのキャラクターに起用したという内閣府は、このドキュメンタリーを観ても、本気でそう思えるのか!?

ということ。

もちろん重圧に押し潰されそうになりながら、重荷に耐えながら、孤独に向き合いながら、「傷つきながら夢を見る」少女達の姿はすごく美しいとは思う。そして、基本的に「多人数参加型のゲーム」として設計されたAKB48というシステムが結果的な一人一人のポテンシャルを高く引き出しているということには強く同意する。

でも、それと「自殺対策への起用」は別だろう、と思うのだ。

「今を生きるアイドルの素顔から、日本の未来が見えてくる」

というキャッチコピーで、ここまで残酷に「踏み込んだ」ドキュメンタリーを見せているのが、今のAKB48だ。「死ぬ気でやろうぜ!」と円陣を組んで激を飛ばす高橋みなみの侠気はちょっと身震いするくらい格好いいし、「私のせいで」と過呼吸のなか自責を繰り返し、無理をおして周囲から止められてもステージに立とうとする前田敦子の姿も胸に迫る。

でも、それって見方によっては、過重な労働環境の中、自分の体力と精神力を削って思いつめてしまう人たちの合わせ鏡とも捉えられるわけで。

どっちかと言うと、そういう人に届くべき言葉は「限界を超えようぜ」よりも「しんどかったら逃げだしてもなんとかなるよ」の方だと思うので、むしろAKB48というシステムを離れてもそれなりに上手くやってる“元メンバー”あたりを起用したほうがいいんじゃないの?とか、思ったりもしてね。


te' 「音の中の『痙攣的』な美は、観念を超え肉体に訪れる野生の戦慄。」

Posted on

te'の新作『「音の中の『痙攣的』な美は、観念を超え肉体に訪れる野生の戦慄。」』についての文章を書きました。


MVが公開されている1曲目も勿論格好いいんだけれど、個人的に最もツボなのは3曲目の新曲。はやくライヴで体感したいなと思ってます。



te’は自らを更新し続ける。

彼らは一つのジャンルやスタイルに安住することなく、新たな刺激と陶酔を求め進化を続けている。ポスト・ロックという枠組みにとらわれることもなく、インストゥルメンタルのロックバンドが鳴らすことのできる“絶頂”を目指し続けている。そして、その現在地点を示すのが、この新作だ。

2010年末をもって前ベーシストのmasaが脱退し、新メンバーとして松田知大(WRENCH、strobo)を迎えた彼ら。ラウド・ミュージックからテクノ、トランス、ジャム・ロックなど様々な方面に触手を伸ばしながら独自の道を歩んできた実力派ミュージシャンの加入は、バンドに新たな化学反応をもたらした。そのことが、まずは1曲目から3曲目に収録されている新音源にハッキリと現れている。

一聴して気付くのはシンセや電子音の大胆な導入。4人のアンサンブルが生み出す迫力に加え、エレクトロニカ的なグリッチ音や、トランシーなシンセ・サウンドが自然に溶け合っている。打ち込みの導入という方法論や“デジタルとアナログの融合”という発想自体は、決して新しいものではない。しかしその導入は、te’の音楽が持つ「エネルギーそのもの」のような熱量に、確実に今までになかった突破口を与えている。

もちろんアンサンブルの力学も変わってきている。肉感的なベースラインが骨太な存在感を増すのに比例して、ギターはより〈歌う〉ようにもなってきた。フレットを駆け上がり、時にトレモロピッキングを駆使して情熱的に主旋律を奏でる。そして、ドラムは突進力を増し、前のめりになりながら曲を推進している。

そういう彼らの変化が最も顕著に表れたのが3曲目“俯瞰も仰視も果ては茫洋な空に対峙す、その偉観こそ真の『現実』”だろう。ゆったりとしたサイケデリックな導入から徐々にダンサブルに盛り上がっていく展開を見せたかと思うと、後半はシューゲイザー的な轟音の上でギターが泣き叫ぶように鳴り響く。その壮大で感動的なエンディングは、彼らが新たな境地に足を踏み入れたことを感じさせる。

また、4曲目から11曲目までには、松田知大が加入した新体制のお披露目ライヴとなった2011年3月の渋谷クラブクアトロでのライヴ音源を収録。こちらも、これまで彼らの音を体感してきた人にとっては、また新たな発見を得られるような内容になっている。トランシーでエフェクティブなサウンド、浮遊感あるアンビエントの導入も見られ、楽曲に新たな光が与えられている。もちろん、まるで剣豪たちが切り結ぶような一触即発の集中力とテンションの高さは健在だ。キメのフレーズの直前の(思わず出たであろう)叫び声など、レコーディング音源にはない生々しい迫力が感じられる。

ライヴバンドであることを信条に掲げるte’。音源ももちろん大事だとは思うが、何より一回一回のステージでオーディエンスと共有する“登り詰める感覚”こそが、バンドが表現したい核心にあるものなのだろう。そういう意味でも、今作は3曲の新曲+初のライヴ音源というパッケージで、バンドのことを知らなかった人にもその“絶頂”への招待状になるようなアイテムだと言える。

結成から7年、数々のロックフェスにも出演し、TVやCMでも楽曲が起用されるようになり、日本の音楽シーンの一画を代表する存在となってきたte’。彼らは新たな道を進み続ける。そして、その出発点となるのが今作だ。まだまだ音楽には未知の刺激があることを信じさせてくれるバンドだと、心底思う。


『MARQUEE』89号

Posted on


MARQUEE Vol.89  マーキー89号MARQUEE Vol.89 マーキー89号
(2012/02)


商品詳細を見る


雑誌『MARQUEE』89号に記事を書きました。

The Mirrazインタヴュー、剛力彩芽×鴉対談、山根万理奈さんインタヴュー、joy×AxSxE対談などの記事を担当しています。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。