日々の音色とことば:

移転しました。新URLはhttp://shiba710.hateblo.jp/です。ここは更新されませんがアーカイブを置いておきます
kokuchi.jpg

スポンサーサイト

Posted on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「音楽メディア」を巡るあれこれと、新しい音楽との出会い方

Posted on

■問題は「紙 VS ウェブ」じゃない



先日、THE PUBLICにて、こういうトークイベントがありました。

「音楽メディアってなんだ!? 鹿野 淳×大山卓也トークセッション」
http://2-5-d.jp/schedule/20130422p/

音楽情報誌「WHAT’s IN?」、「PATi・PATi」の休刊のニュースを受け、それぞれの思いをフェイスブック上で投げ合ったふたりが、公の場所で語りたいとの思いからスタートしたこの対談企画。同じ業界のなかにありながら、雑誌とWEBという違う環境で音楽を伝えてきたふたりによる対談は、ありそうでなかった最強の組み合わせ。誰もが「音楽メディア」が過渡期を迎えていることを実感している、いま、このタイミングでふたりが思いをぶつけ合います。
また、スペシャルゲストとして、アーティストの金井政人氏(BIGMAMAヴォーカリスト)と、編集者の河口義一氏(WHAT’s IN? WEB編集長)を交え、それぞれ見解を語っていただきます。もしかしたら途中で飛び込みで、トーク参加者が増えるかもしれません。
「音楽メディア」を話すには避けて通れない、貴重な組み合わせによる講座です。



そのアーカイブがこちら。


当日のツイッター実況などのまとめは、こちら。

音楽メディアってなんだ!? - 鹿野 淳 ×大山卓也トークセッションのまとめ
http://togetter.com/li/492025

参加したかったなー。『MUSICA』でも『ナタリー』でも『WHAT’S IN』でも原稿を書かせてもらってるし、『NEXUS』というウェブメディアではそれこそ鹿野さんと一緒にコンテンツ制作に携わっていたりするわけで、まさに当事者のど真ん中。ライターとしての立場から発言できることだって勿論ある。

何より、前半のこの流れのところでリングに上がりたかった。








別に自分のことを有名だとかアルファブロガーだとか全然思ってないけど、鹿野さんの定義する「音楽にまつわるモノ・ことについて意見を述べるのがジャーナリズム」というのを、記名でブログでやってる人間が、とても身近なところにいますよ!?ということは、あの場所でちゃんと言っておきたかったな。「お金の出る・出ないは文章に対しては差はないのでは?」という大山卓也さんの投げかけに対しても、書き手の実感として告げられることはあるし。

会場で手を挙げてでも発言したら、その後の話の流れをもうちょっとかき回せたんじゃないかなあ、と。


ちなみに、高橋健太郎さんが編集長を務める、フリーのウェブ音楽雑誌『ERIS /エリス』というものもある。
http://bccks.jp/store/eris


あと、僕が毎回楽しみにしてるウェブ上の連載記事で、こんなものもある。

「歌のしくみ」- MODERN FART
http://modernfart.jp/2013/04/10540/
(これは編集者の伊藤ガビンさん立ち上げたサイト「MODERN FART」上の細馬宏通さんの連載)

とか、ウェブ上で読めるとても良質な”音楽ジャーナリズム”だと思うし。

たとえ”公人”じゃなくても面白い音楽ブログ沢山あるし。

Hi-Hi-Whoopee
http://hihiwhoopee.tumblr.com/


レジーのブログ
http://regista13.blog.fc2.com/


kenzee観光第二レジャービル
http://bungeishi.cocolog-nifty.com/


pitti blog
http://pittiblog.ldblog.jp/


Come-In Come-Out - Hiroyuki Oyama's Blog
http://comein-comeout.com/

とか。とりあえずざっと挙げただけですが、まだまだ他にもあると思います。

改めて言うけど、紙メディアとウェブメディアを対比させて、どっちのほうが便利だとか、どっちのほうが思いが伝わりやすいとか、優劣を語ってもしょうがないと思います。それが僕の率直な感想。そういう意味では、『MUSICA』の有泉編集長のコメントには僕も同意。





■すべての「個人」が「音楽メディア」になる時代



で、ちょうどその日、僕は別のトークイベントに参加してました。それがこちら。

4/22『sensor ~ it&music community』powered by happydragon
vol.7『音楽との出会いは宝探し!? ~ スマホで変わる音楽の楽しみ方』

http://peatix.com/event/12279

“アナログ環境でのワクワクが止まらなかった音楽の探し方、楽しみ方”を、どうすれば“デジタル環境に再定義”し、盛上げることができるのか? そんなテーマでトークしていきたいと思います。



ふくりゅうさん(音楽コンシェルジュ)、山口哲一さん(音楽プロデューサー)がMCをつとめるイベント。僕以外のゲストは浅枝大志さん(「Beatrobo」開発者)、関根佑介さん(Groovy、Discodeer設計者)で、お二人とも、音楽との出会いや、音楽を通じた新しいコミュニケーションを生み出すべく、ウェブサービスやアプリを開発してきた方。

僕は以下の記事の書き手として、ストリーミングや音楽配信サービスの最新事情を紹介する、という立ち位置で参加しました。

第55回:「聴き放題」だけでは音楽ストリーミングサービスが成功しない理由~「着うた」市場壊滅の本当の理由から、次世代音楽配信サービスの「成功モデル」を探る~ | DrillSpin Column(ドリルスピン・コラム)
http://www.drillspin.com/articles/view/571


387348_598495856827129_1175950354_n.jpg


結論から言うと、こちらの方は、めちゃめちゃ有意義な話ができたと思ってます。関根さんも、浅枝さんも、プログラマ目線で設計を語るだけじゃなく一人の音楽ファンとしてサービスやアプリの思想を熱く語っていて、共感するところはすごく大きかった。

僕が話したことの骨子は以下のとおり。





というわけで、冒頭の鹿野 淳さんと大山卓也さんのトークセッションに話は戻る。あの日の僕のこのツイートには、こういう背景があったわけです。







大山卓也さんの「鹿野さんみたいな人が本気で取り組めば〜」という最初のコメントに示唆されているように、結局は「人」なんだと思うのです。

鹿野さんの掲げる音楽ジャーナリズムが信頼されているから『MUSICA』には熱い読者からのリアクションがあるわけだし、沢山のウェブ音楽メディアがある中でナタリーが最も見られるサイトになったのは、大山卓也さんのスタンスがきちんと浸透しているからだと、思う。

テレビもラジオも雑誌もウェブも、ブログもツイッターもYouTubeもニコニコ動画もスマートフォンのアプリも、「それを通して誰かがお気に入りの音楽を知ったり、音楽の楽しさや面白さを知ったりしたもの」は、すべて音楽メディアとして機能していると、僕は考える。もちろん媒体の特性はそれぞれ違うし、伝播力も影響力も違うけれど、あくまで土俵はフラット。全ては人次第。

そして、それぞれの音楽メディアにおいての「影響力」や「信頼」は、決して特別な一部の人、“公人”にだけ備わっているものではない、と僕は思う。誰もがメディアになり、誰もが批評行為を行うことができる。伽藍からバザールへ。そういう風に情報環境が変わりつつある。たとえば「食べログ」や「NAVERまとめ」のアーキテクチャを考えれば、そのことは明らかだと思う。

というわけで、この話、もうちょっと続きます。

スポンサーサイト

ももクロとでんぱ組.incと大谷ノブ彦ANNと「熱量」についての話

Posted on

ダイノジ大谷ノブ彦ANN


■「熱量の生まれる場所」とはどこか



先週4月10日、ダイノジ大谷ノブ彦さんのオールナイトニッポンで、このブログのことを紹介していただきました。

なにそれ超嬉しい。光栄です。

ここのところ書きたいことばかりたまって更新が追いつかずにいたんだけど、どんどんアウトプットしていかなきゃな、と改めて思った。なんか背中を押されるような気持ち。

というわけで、今日書こうと思うのは、まさにその番組「ダイノジ 大谷ノブ彦のオールナイトニッポン」でのキーワードの一つになっている「熱」について。「熱量」って一体なんだろう?ということについて。

番組のコンセプトは「洋楽で世界を変えるラジオ番組」。その語り口の特徴は、とにかく“熱い”ということ。以下の記事でも、裏番組の「JUNK 山里亮太の不毛な議論」と比較して、そのことが語られている。

裏番組を担当する南海キャンディーズ山里亮太は、時に好きなアイドルについて熱く語ることがあるが、その中には必ず自分自身をも冷笑する冷めた視点が所々登場し、その熱は自虐的な笑いへと昇華される。つまり、芸人ラジオの中で珍しく熱さを感じさせる山里のラジオであっても、結果として熱さ一辺倒ではなく、主観的な熱さと客観的な冷静さの間から笑いが生まれる構造になっている。



「笑いなき芸人ラジオ」という前代未聞の問題作『ダイノジ 大谷ノブ彦のオールナイトニッポン』 - 日刊サイゾー
http://www.cyzo.com/2013/04/post_13058.html


ここでは、「熱量」は主観性から生まれる、と書かれている。俯瞰した視点からではなく、好きなものを好きなように語るということ。心奪われたものに夢中になるということ。スノビズムではなく、自虐や嘲笑でもなく、その対象に思い入れ、「あえて」ではなく「マジ」で熱中するということ。

マキタスポーツさんの著書『一億総ツッコミ時代』の言葉を借りるなら、ブログやツイッターなどの普及で日本人のほとんどが「ツッコミ体質」を持つようになった現代、「何かに夢中になること」こそが「熱」を生む、ということなのだろう。ハミ出した何かに指をさして笑うのではなく、むしろ自らが積極的にハミ出していこうという気概である。


一億総ツッコミ時代 (星海社新書)一億総ツッコミ時代 (星海社新書)
(2012/09/26)
槙田 雄司

商品詳細を見る

そこはすごく共感する。ただ、上記の記事では、こうも指摘されている。

「熱さ」と「面白さ」は、必ずしも直結するものではない。すべてはその熱がどう生まれ、どう使われるかによる。


実は、僕の中でも「熱量」というのは、要注意ワードの一つだったりする。端的に言えば、熱さがあれば、夢中なら何でもいい、って思ってるわけじゃないってこと。

「熱量」イコール「本気で取り組むこと」「夢中になること」なんていう風に単純に結びつけたら、ブラック企業の研修だって熱のカタマリになってしまう。僕が惹かれてるのはそういうものじゃない。あくまで僕が面白いと思うのは、常識や既存の価値観の枠組みをハミ出してしまうもの。普通に考えたら「ありえない」ものを、何故か「アリ」にしてしまうもの。

そういうエネルギーが発生する場所が、「熱量の生まれる場所」なんだと思う。

■でんぱ組.incが体現する「現代のカオス」




MARQUEE96.png



で。実は、ちょうど僕自身、そういうテーマについて、ここ最近ずっと考えていたのです。

きっかけは、でんぱ組.incのライヴを観たこと。先日に出た雑誌『MARQUEE』の表紙巻頭特集に、そのことについて書いた文章を寄稿しました。引用します。

 でんぱ組.incのZEPP TOKYOでのライヴを観て、めちゃめちゃ胸を揺さぶられた。思わず呼吸が締め付けられるようだったし、すごく痛快だった。間違いなく、とんでもない熱があった。あれは何だったんだろう。しばらく考えた。最近ではアイドルの現場に足を運ぶことも多少は増えて、全てを捧げて応援するようなお客さんたちの熱気を体感することも多くなってきた。いつも「すごいなあ!」と思うし、あそこのフロアにもそういうムードは当然あったけど、それだけじゃない何かがあった。目を丸くするくらいの驚きがあった。で、しばらく考えて、そこにあった熱量の核心は、僕がロックという音楽に求めている本質に近いモノなんだと気付いた。簡単にいえば、それは既成概念を覆すエネルギー。マイナスをプラスに、裏を表にする無理矢理の力技。アップサイド・ダウン、インサイド・アウト。これまでのナシを何故かアリにする「今までに見たことないモノ」。それが音になり、人そのものと分かちがたい形でパワーとなって放たれている状態。もしそういう音楽に10代で出会ったらビリビリと感電するくらいの衝撃を感じると思う。
(中略)
要は一言でいえば「カオス」なのがでんぱ組の魅力だと思うわけです。ワチャワチャしてる。見せ方にしても、キャラクターにしても、音楽にしても、今までにないミクスチャーになっている。そもそも、プロデューサーのもふくちゃん(福嶋麻衣子さん)自身が、そういう人生を歩んできている。音楽エリート教育を受けそこからドロップアウトしたかと思えば芸大でノイズにハマったという極めてハイカルチャーな経歴。「萌え」をポップアートとして読み替え、秋葉原という街を日本のカルチャー発信拠点として捉えライブハウス&カフェやクラブを経営する実業家でもある。そうやって考えると、たとえば60年代のニューヨークにあったアンディ・ウォーホルとヴェルベット・アンダーグラウンドに類似した関係性をもふくちゃんとでんぱ組に見出すなんてことも、できる。
 「ロックは死んだ」。
 セックス・ピストルズ絶頂期に、ジョン・ライドンはこう言った。この有名なセリフはつまり、生物学的な「死」じゃなくて、熱力学的な「死」のことを意味しているんだと思う。ジャンルとしてロックが死んだってことじゃなくて、ロックにおいては一つのスタイルが完成すると熱が拡散してしまう、ということ。型にハマると、中身をかき回していないと冷めてしまう。「こういうことやったら◯◯らしくなくなっちゃう」なんていう守りの姿勢が形骸化を呼び、熱を失わせる。そういう意味で、ロックは何度でも死ぬ。そして新しい熱が何度でもロックを生まれ変わらせる。
 でんぱ組を見てるとその意味がよくわかる。今の彼女たちを中心に、様々なフィールドを巻き込んで「なんだかよくわからない化学反応」が生まれまくっている。考えてみたら、モッズだって、パンクだって、マッドチェスターだって、いつもそうだった。音楽とファッションとアートと、普段は交わらないカルチャーが縦横無尽に混じりあい、そこに熱が生じていたのだった。「これとこれを足せばこうなるよね」っていう正解の見えた方程式じゃ熱力学にならない。「何でもアリ」だからこそ、熱が発生する。



今年の4月7日に日比谷野外音楽堂にて行われた<カオスフェス2013>なんかも、まさに「なんだかよくわからない化学反応」そのものだった。


でんぱ組.incのプロデューサーの「もふくちゃん」こと福嶋麻衣子さんが旗を振り企画したこのイベント。出演陣は、でんぱ組.inc、BiS、cinema staff、group_inou、台湾のモッズバンド旺福(Wonfu)、そして灰野敬二率いる「孤高のノイズバンド」不失者。DJをつとめたD-YAMA(MOGRA).は、セットチェンジ中にもハイテンションなアニソンをかけまくる。

アイドルとロックバンドとヒップホップとアニソンと、何もかもがごちゃ混ぜになって進行していく祭りのステージ。しかし灰野敬二さんが鳴らした暴風雨のようなノイズが最後に全部を吹き飛ばしたような。

すっごい面白かった。

■ももクロとオズフェスと多様性



そういえば、最近にもこんなニュースがあった。ももいろクローバーZの「Ozzfest Japan 2013」への出演が波紋を呼んでいる、というニュース。

「ももクロが出るなら行かない」「チケット代を返してほしい」「アイドルがオズフェスに出るのはどうかと思う」といった内容の厳しい書き込みが、ツイッターやオズフェスのFacebookページなどSNSに寄せられている。


ももクロのオズフェス出演に異議あり アイドルが出演するってどうなの? (IBTimes) - エンタメ - livedoor ニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/7598950/

いやいや、全然アリでしょう、と僕なんかは思うわけ。







もちろん、何かに夢中になるほど好きなものがある人が、それ以外のものに排他的になる気持ちはわかる。そういう心の動きが生じるのは必然的だと思う。サブカル的な面白みを拡大していったらメインストリームを飲み込むくらい巨大なものとして膨れ上がった今のももクロは、そういう風に叩きたくなる好対象だと思う。

でも、今年のはじめにも書いたけど、僕はもう、何かを揶揄したり叩いたりするような物言いには与したくないなあ、という思いがあるのですよ。だって日本の音楽シーン、面白いから。あそこまで奇妙でコアで様々な元ネタが詰め込まれまくったアルバムの『5TH DIMENSION』がダントツでチャートの1位になる国というのは、やっぱり面白い国なんじゃないかと思うし。で、そこを掘っていけば、いろんなカルチャーへの扉が開かれているし。

で、ももクロが名実ともにサブカルではなくメインストリームのど真ん中に躍り出た以上、それに対してのカウンターも徐々に現れてきていると思う。僕としては、ceroやスカートや昆虫キッズやシャムキャッツや、東京のインディーシーンを賑わすバンドたちに、そういうムードを感じたりもしている。

とにかく。

「熱さ」と「面白さ」が結びついたときに生じる、「なんだかよくわからない化学反応」に、僕は惹かれ続けているのです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。