日々の音色とことば:

移転しました。新URLはhttp://shiba710.hateblo.jp/です。ここは更新されませんがアーカイブを置いておきます
kokuchi.jpg

スポンサーサイト

Posted on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


delphic『counterpoint EP』

Posted on

カウンターポイント EPカウンターポイント EP
(2009/10/21)
デルフィック

商品詳細を見る


delphicがいよいよ日本デビュー盤をリリースする。今夏のサマーソニックでライヴをちょっとだけ観てから、ずっと好きだったバンド。そのときにはすでに早耳たちの間で大分騒がれてると知って歯噛みしたバンド。ここ数年次々と現れていたUK周辺の「ダンス+ロック」のバンド達には(最初はすごく盛り上がっていたものの)そろそろ食傷気味かなあと思っていた最中、彼らの音はとても新鮮に響いた。

マンチェスター出身の3人組。彼らがバンド・サウンドに取り入れたのは90'sテクノだ。ループするピコピコしたシーケンスが心地よい高揚感をもたらして、その真ん中で歌う歌声はとてもメランコリック。こういう人達はいなかった。それと同時に、曲作りのクオリティがすごく高い。いわゆる「もっていく」曲を作っている。

老舗テクノ・レーベルのR&Sが彼らのリリースをするために復活したというのも、なんだか頷ける話だ。



彼らのMySpaceページには、新曲 "Alterstate"もアップされている。これもすごくいい曲。フィルターシンセの鳴り方に「懐かしい!」と思ってしまうのは、自分がオヤジになった証拠なのかな。それでも、彼らの根元にあるものが、とても芯の強いロマンチシズムとセンチメンタリズムであることは、この曲でも伝わってくる。

http://www.myspace.com/delphic


11月にはブロック・パーティのオープニング・アクトとして再来日も決まっている。楽しみ。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。