日々の音色とことば:

移転しました。新URLはhttp://shiba710.hateblo.jp/です。ここは更新されませんがアーカイブを置いておきます
kokuchi.jpg

スポンサーサイト

Posted on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


THE JETZEJOHNSON取材

Posted on   2 comments   0 trackback

取材続き。久々のトリプルヘッダーでクタクタになったけれど、なかでもTHE JETZEJOHNSONのインタヴューが非常に面白かった。

Discoveries(DVD付)Discoveries(DVD付)
(2008/04/09)
THE JETZEJOHNSON

商品詳細を見る


3人とも初対面だったけれど、Vo/G藤戸じゅにあのマシンガン・トークはかなりのもの。アルバムの話にとどまらず、機材の話、フォントの話、どんどん脱線しまくる。でも、マシンガン・トークと言っても、ドーパンの“スター”みたいな自信過剰っぷりとは正反対な感じなのも面白い。制作のときは、いつも不安からやり込み過ぎてしまうのだそうな。

確かに、ジェッジジョンソンみたいな音だと普通のロック・バンドみたいな「方程式」は存在しない。一聴するとロック+エレクトロなんだけど、そのどちらにも寄らず、ギリギリとバランスで野蛮さと繊細さ、グルーヴとセンチメンタリズムを同居させている。そして、それをライヴ・バンドとして完璧に再現している。

こういう“発明”としてのロックが日本においてもどんどん根付いていくといいな、と思う。


Comment

大山 says... ""
金曜日はバッタリでしたね。
僕の方でもみっちり1時間、一人でマシンガン状態だったんですけど、
柴さんの取材でも衰えず、ですか。藤戸じゅにあ、恐るべし。
ちなみに、あのスタジオの3階には9mmチームもいましたよ~。
2008.03.18 01:52 | URL | #- [edit]
柴 says... ""
>大山さん

どもです。
バッタリ出くわすのはひょっとしたら初めてかもでしたねー。突然のことにとまどって、微妙な空気でしたが(笑)。

結局インタヴュー、1時間近くやってました。
2008.03.21 16:59 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://shiba710.blog34.fc2.com/tb.php/71-a2bc3a68
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。